しょうもないことで乗りに乗っていた採用試験をポシャった話

3月に地方のタウン情報誌を退職することがきまり、転職活動をおこなっていた

 

書類審査にポートフォリオ提出が課されていたのでZINEにして送ったのが功を奏したのか、1次面接に進むことができた。

11月某日、東京のとある会社で1次面接が行われ、とりあえず思いの丈をぶつけることができた。

今の会社の面接もそうだったが、何を話そうか考えに考えて、う〜ん、、、というよりも、もうすでに染みついている思考をそのまま言葉にするとスラスラ話すことができるし変に緊張することもなかった。

今回もそうだった。

 

「結果は1週間ほど後になります」と人事の方から言われ、1週間後から緊張感を持っていた。

 

これが地獄の勘違いであった。

 

実は面接の3日後に、2次面接への参加依頼がきていたのだ。

 

 

しかし、まったく予期せぬレスポンスの速さと、携帯のアドレスに来るメールをほとんど注視しない自分の不注意で見落としていた。

 

そして時は流れ11月も下旬に差し掛かっていた日曜日、何気なくメールフォルダを見ていたら、そんな通知が来ていたことを初めて知る。

 

 

動機が止まらなかった。嬉しくて。

これが地獄の勘違いパート2。

 

 

「よし、提示された面接日はまだ先だ。なんとか行ける。」

メールを確認していなかったことをしっかりと謝罪し、面接を受けさせてもらえるか確認。まだ、希望100%、絶望0%の俺。

一応電話もしてみたが日曜日だったため、誰も出ない。ホワイトな会社だ、とすら思ったほどのお天気少年だった。

 

そしてあくる月曜日、正式に現職場の社員全員の前で自分が辞めることを社長にお伝えいただいた。

そのミーティングが終わった直後に、

 

 

俺の中の希望と絶望が逆転した。

 

 

「選考辞退の意向とみなし、2次面接の日程調整を終えました。」

 

電話でもお願い、確認をしたが、やはりNO。

当然である。2次ともなれば社長や幹部クラスの方が出てくる。面接日程調整は彼らにとって自分のタスク+αでこなさなければいけないことであり、時間を割いてられない。まして、メールを見落としていた、なんてもってのほか。そもそもこいつ仕事でもそんなヘマするんちゃうか、という社会人としての基礎に不安を抱えるやつに、「はいお待ちしておりました、特別に面接日程を再び調整いたします」などと動くはずもない。

 

完全に俺が悪い。

 

 

 

 

 

どこでこの話をまとめるかに窮している。

起こしてしまったアホは取り返しがつかない。

ただ、この一件で自分のうぬぼれ、不注意、大丈夫っしょ精神を一度疑う姿勢が身についた。ついたどころか、染みっ染みだ。

 

やるしかない。どうしたってケツは決まっている。前に進むしかない。

今、別の会社の履歴書を書き終えたところである。

 

次こそは絶対にヘマはすんなよ、と、自分で自分に激しくプレッシャーをかけ、頑張ろうと心に誓った。

 

 

というお話でした。

 

 

 

 

 

また監督交代

アルビレックス新潟の鈴木監督が解任されました。

www.albirex.co.jp

 

ここ5試合で1勝4敗。

27試合を消化して8勝5分14敗で現在19位。

正直、J1降格チームが陥る順位ではない。

今やJ3降格か、とさえ危ぶまれている。

 

27試合を終えての監督解任。

 

これから次期監督を、どういう目標を提示してオファーをするのか。

今シーズンでのJ1昇格を頼む、というのでは、情けないが正直誰も請け負ってくれないだろうし、頼まれた側からしても「遅くないですか」だろう。

せめてプレーオフにすすめる6位以内ですら現実味が薄まっている今、

J2残留という目標提示なのだろう。

それか、来季でのJ1昇格に向けた地盤固め、アルビイズムをしっかりと引き継ぎ、築いてゆく、というのがベターかと思う。

しかしそれならば、強化部、コーチ陣、組織体制の見直しすら必須であるように思う。

 

結局のところ、付け焼き刃では全く確固たる強さ、盤石な体制は無理な話で、

昔には感じられた選手が抱くアルビ愛、J2ながら4万人近く動員していたサポーターの、クラブへの愛情も薄れていくだろうな。

 

悔やまれるのは、

監督解任前に起きたキャプテン磯村選手の長崎への完全移籍である。

順番よ。。。

 

 

まあ、J2に降格しようとも薄れない、自分の心の奥底にあるアルビへの関心が、

毎試合結果を見てがっくしする事態を招いてるのも悲しい性。

空中ブランコを体験してきました

現在新潟市内で開催中のポップサーカス

 

公演後に、空中ブランコを体験してきました。

 

tjniigata.jp

 

高さ約12メートルの高さからスウィングするのですが、

高さはそんなに感じず。

しかし、こんなにも振り子の勢いが強いものかと。。。

スピード感、手に掛かる力、半端ないって。

 

f:id:ikustat_akoatak:20180802211954j:plain

 

手前のボーダーが私。

髪型のキャラクター感的に、サーカス団に溶け込めるかも。

サーカス団員はエンターテイナー家系が多くを占めるそうですが、

この空中ブランコプレイヤーの経歴はその転身っぷりが興味深い。

 

アメリカの刑務所の看守やプロスノーボーダー、柔道の師範代からの転身など

「その道で生きていけたはずでは」という経歴を捨ててこの道へ。

 

きっかけは単純。

空中ブランコが楽しかったから」とのこと。

確かに楽しかった。

感想を求められたにもかかわらず、言葉では表せない興奮状態、そう、“ゾーン”に入っていたために「飛び跳ねて楽しさを表現する」というアンサーをしたほど。

 

超人的なエンタテインメントであるサーカス、

一見の価値あり、いや、リピートも不思議ではない魅力たっぷりです。

 

 

 

 

体験が月曜で、体験終了後すぐに襲われた筋肉痛が引く気配は今のところ一切感じない。

「木漏れ日に泳ぐ魚」

「また同じ夢を見ていた」を読んでから、早く次の小説を読みたいと書店に駆け込んで選んだのが、恩田陸の「木漏れ日に泳ぐ魚」

 

f:id:ikustat_akoatak:20180729223535j:plain

以下、背表紙の内容紹介

舞台は、アパートの一室。別々の道を歩むことが決まった男女が最後の夜を徹し、語り合う。初夏の風、木々の匂い、大きな柱時計、そしてあの男の後ろ姿––––共有した過去の風景に少しずつ違和感が混じり始める。濃密な心理戦の果て、朝の光とともに訪れる真実とは。

 

 

ミステリーとわかっていて読んだのですが、

「この一文が何か鍵を握りそうだ、、」とか、

「おいおいざわざわして来たぞ!」と感じる瞬間ばかりでした。

 

270ページほどですが、半日で読み終えたので、

ぽっかりと暇になってしまった、そんな日があったら是非読んで見てください。

 

 

 

物欲との戦い

今の会社に入社して1年と3ヶ月が経過した。

月刊誌を作っているせいか、はたまた社会人なら誰でもそうなのか、

時間の流れがえらく早く感じる。

 

以前書いた記事を確認するために「何月号だったっけな」と思い返しては、

もうそんなに経ったのかと唖然とする。

 

校了を迎えた次の日から次の号の製作に意識を向けるのも一因だと思う。

まだ春だってのに花火の情報をリサーチしたり、

雪がシンシン降るどころか豪雪まみれの日々に桜咲く春を思い浮かべて作業をする。

季刊誌を作りながら意識はその季節を生きていない

だから休日に海にいったりキャンプをすると

「嗚呼生きてる。。。」と心の底から喜びを感じます。

 

 

 

さて、1年と3ヶ月が経過した今の仕事。

給料は変わらず。いや、はなからそんなにポンポンと昇給を期待していなかった。

んが、ちとお財布時事情ばかりは気にしてしまいます。

 

月の給料から何よりウェートを占める(うまい棒1900本買えるほどの)奨学金を払い、実家暮らしなので生活費を収め、携帯代、月のガソリン代(これがバカにならない!)、気付くと毎月給料の半分近くが消えている。

そこからさらにカード払いなんかが付いていると、

ユニクロを前にしても財布の紐がグググっと硬くなってしまう。

「このシャツを買ったらいつかくる飲み会はいけなくなってしまうのでは、、、」

 

あな、悲しき。

 

 

しかもそういう時に限って、物欲が出るもんですよね。

仕事でいつも重宝するユニクロのスラックスをまた買い足そうか、

そういや先輩の結婚の二次会に来ていくスーツ持ってないやとか、

 

結局何も買わずに飲み会に行って思う、

「ビールうんま、最高、、あのときあれ買わなくてよかった。。」

 

 

今回、自動車税の支払いで財布が寂しい、ということにして見過ごそうか、

いやそれじゃ一時的な気休めでしかない、

じゃあどうする、

このループを脇に置いて、小説を読んでいます。

 

 

外にも出ず、風通しの良い部屋でひたすら小説を読む、

ああなんて経済的。。。

 

 

空からお金降ってこないかな。

そろそろ、友達などからの「実家だし金貯まるっしょ」に相槌を打つのも疲れて来ましたよっと。

また、同じ夢を見ていた

「君の膵臓を食べたい」の著者、住野よる氏の

小説「また、同じ夢を見ていた」を読んだ。

 

ふう、、読了なんて久々。

 

***************************************

「人生とは和風の朝ごはんみたいなものよ」 小柳奈ノ花は「人生とは〜」が口癖のちょっとおませな女の子。ある日草むらで一匹の猫に出会う。そしてその出会いは、とても格好いい“アバズレさん”、手首に傷のある“南さん”といった、様々な過去を持つ女性たちとの不思議な出会いに繋がっていき–––––。

***************************************

 

 

女の子が授業で与えられる「幸せとは」という宿題に対し、周囲との関わりを通して答えを探す。このストーリーが読者に「じゃあ自分の幸せとは?人生とは?」と問いかけることが、この物語が伝えようとしている核だと思うのですが、正直その命題からしだいにミステリーのようなワクワクが迫ってくる本でした。ストーリーに没頭し、ふとタイトルを思い出して「ハッ!」とする瞬間を迎える。そして読み返したくなる。もう一回読みかえそうっと。

 

「荒野へ」が読みたくて、はよこれ読み終わろ、と思っていたらまさか引き込まれるストーリーでしたとさ。

 

 

 

 

P.S.

冒頭で「君の膵臓を食べたい」と打とうとしたところ、

君の膵臓を食べたお」という勢い任せのLINE系誤爆をして

少しワロタのは秘密だ。

 

灼熱のジンロック

去る7月22日に、新潟のラジオ局「FM-PORT」で、ラジオ番組中に行われる架空の音楽フェス「JINROCK」がラジオ番組を飛び出して実際のフェスとして行われて、今年で11年目(多分)。

昨年は仕事で撮影やらお客さんにインタビューをさせていただいたのだけど、今年はプライベートで。

 

新潟港が開港150周年で県内ではいろんな海フェスタが開催され、その開港周年イベントとの抱き合わせで行われたのが22日のJINROCK UMI FESTIVAL

 

アーティストはChay(テラスハウスに出てた人)、iri、UQiYO、モンキーマジック大黒摩季

 

フェスにきたお客さんの一番の注目はきっと大黒摩季だったと思いますが、トリだったのと、転換の時のDJタイムで踊り果てたので4番手モンキーマジックの途中で帰りました。なんせ雲ひとつない青空と30度超えの灼熱の中に居続けるのなんて、想像しただけで吐き気をもよおします。

 

なにより自分が一番見たかったのはiriでした。

クールな姿格好と力強い声が最高。

ずっと「かっこいいなあ〜インタビューしたいな〜」っていってました。

www.youtube.com

 

 

同学年だそうで。

インタビューがしたい。。

 

あとインタビューをしたいのはkick a showさんです

www.youtube.com

 

kick a showさんのライブに行ったときに、

彼の曲の大半を手がける

Sam is Ohmさんとお話できる機会がありまして。

というのも、ライブとJINROCK に一緒にいったのは会社の先輩で、

その会社の先輩とOhmさんが地元が一緒で仲良し、という縁があって

お話ができました。

kick a showさんとOhmさん。

都内とか全国の洒落者での知名度は高いと思うけど、

曲りなりにも新潟でファッションを中心に特集を組んでいる弊誌が

新潟出身のお二人をフィーチャーしないのは、、、とずっと思っていた。

このお二人のインタビュー、ぜひとも実現させたい。

 

 

新潟でできなければ、ぜひどこかでインタビューしたい。

 

 

したい!!!