勉強せねば

今しがたこんな記事を読んだ。

 

農水省は、農家が購入した種苗から栽培していた種や苗を次期作に使う「自家増殖」を原則禁止の検討へ ~違反すると“10年以下の懲役、1,000万円以下の罰金”~ - シャンティ・フーラの時事ブログ

 

 

昨年枝豆農家を取材した際、その農家さんは確か枝豆の種子を翌年に少し持ち越してまた育てる、ということをおっしゃっていたようないないような。

 

まあおぼろげな記憶は置いといて、

農水省の省令があれば、国会の審議不要

・もしこの法律に違反した場合、10年以下の懲役、または1000万円以下の罰金、

さらに共謀罪の対象に。

 

この、種苗法違反がどう共謀罪につながるのか、勉強しないとなー。

一応、農家の家系に名を連ねる人間として。。

 

あとは

都道府県のあらゆる種子の育種知見を住友化学モンサント等に提供することに-」というきな臭そうなことについても、良いことなのか、悪いことなのか、勉強しようっと。

 

 

燃えるBGM

 

今、フジテレビでW杯の日本代表試合前の“Road To World cup”的なストーリーを見てたら、選手がポーランド戦への決意を述べるシーンで、燃えたぎるようなBGMが流れた。

 

www.youtube.com

 

この曲だ!

 

こうなりゃ、ゴールパフォーマンスで、右手右膝をリングについて左手を天に突き上げるあのポーズ、誰かやってくれないかなあ。

 

すいませんね、わかる人が少なそうな話題で。。

〇〇と〇〇

自分が属している出版社は、タウン情報全国ネットワークという組織に属しており、同じ組織内の県外のタウン誌がそれぞれ1、2部ずつ会社に送付されてくる。

 

福岡の7月号が「カレーとTシャツ」というタイトルだった。

カレーとTシャツはそれぞれ別個の特集で、混ざり合ってはいないんだけど、

表紙のタイトルに惹かれる。

 

このように何かと何かを掛け合わせた特集は、なんだかとても面白い。

ポパイの何月号だったか忘れたが『映画とドーナツ』しかり、先日フイナムの記事で紹介されていた、ヨガをした後にとんこつラーメンを食べる『ヨガトンコツ』というイベントしかり。

 

 

 

ちなみに今自分が特集を担当している「Pas magazine」の次号のコンテンツは『雑貨と芸術祭』です。

雑貨ってムズカシイ。。。

芸術祭は、新潟県陸の孤島でありアート地域、十日町市で行われる「大地の芸術祭」は県外から来てでも見る価値のある芸術祭だと思います!

明日のテーマは、「勝手に十日町紹介!」に決めた!

 

 

サポーターのために勝ってくれ!

昨日は東京勤めで新潟に帰省をしていた彼女と、飲み屋へ行き、その後W杯にふけっていたために更新ができませんでした。

という言い訳でキックオフ。

 

 

W杯の裏側で休まず、J2リーグが行われています。

J1は休止中だそうですが、J2は休まず。

J2リーグの上位争いは熾烈で、混戦を極めています。

soccer.yahoo.co.jp

 

1試合勝てば上位へ。

反対に負ければぐっと下へ行くこともありうる。

 

そんな中、6月20日に新潟のホームで行われた試合、相手はヴァンフォーレ甲府

同じくJ2降格組。

試合は前半だけで3失点、トータルスコア1−5と完敗。

YOUTUBEにアルビサポのチャンネル?があったので見たのですが、

「ホームでこれはないって!」「戦えよ!!」と怒号が飛び交っていた。

W杯に関心が行っているだろうに、熱心に地元クラブの応援に駆けつける。

当日は雨。バッドコンディション。

スタジアムに足を運んでいない自分が「おいおい!」なんて言える立場ではない、というのは重々承知です。

ですが、毎試合ホームだけでなくアウェイにも足を運んでいるサポーターのためにも、

ぜひ勝って欲しい。

J1昇格が見たい!という自分の個人的希望以上に、愛を持って応援をしているサポーターのために勝って欲しい。

 

 

 

アウトドアは最高の現実逃避

昨日は、仕事を定時きっかりに終わらせ、

会社のいつも締め切り終わりに飲む方々と、新潟市北区のビュー福島潟で

キャンプをしてました。

 

なので更新できず。。

 

 

f:id:ikustat_akoatak:20180623223822j:plain

 

テントやタープ、調理グッズは全て、アウトドア好きな上司の方に用意していただきました。テントやチェア、カッティングボードなどがスノーピークで揃えられており、

アウトドア初心者の自分はギアですでにテンションだだ上がり。

 

「アウトドアギアが好きすぎて、洋服買うだけじゃ心が満足できないんだよね」と

その方が話していました。「わかる!ような気がする!」と俺(昨日が初キャンプ)

 

 

 

ですので

www.houyhnhnm.jp

 

今日帰ってきて即ブックマークをしたこちらを参考にします。

 

全部を一気に揃えるのは金銭的に無理ですので、

・プリムスのバーナー

・ハイマウントのスタレッソ(エスプレッソ飲みたい!)

この二つから揃えてさくっと自然豊かなところへ行くぞ〜。

サンドイッチ食って、エスプレッソ飲むという、

食べ合わせ的には「?」ですがどちらも自分的に気分が上がることをやりたいな〜、

この夏、秋くらいまでの目標に。。

 

 

あと、これも欲し、、

ifni.theshop.jp

 

 

「さっきまでパソコンの前にいたなんて忘れられるねえ、、」

と感じる、最高の現実逃避タイムでした!

 

 

ガールフイナムさん、ありがとうございます&佐渡

一個前の記事で、占いにプチはまったことを書いた。

今見たらこんな記事があがっていた。

ガールフイナムさんありがとうございます。

girl.houyhnhnm.jp

 

これから1週間くらいは、この占い結果を見て、

「あ〜なんだか心当たりあるわ〜」というワクワクを感じようと思います。

 

 

さて、本日、僕が携わっている新潟の雑誌パスマガジンのMOOK本

『さどぼん』ができあがりました。

f:id:ikustat_akoatak:20180621225925j:plain

 

北緯38度線にかかり、

温暖な地域で育てられるオレンジと比較的寒い地域で育てられるりんごが

どっちも島内で育つ、不思議な気候の島。

新潟県民にとっても、あまり行く機会のない島で、

小学校の修学旅行以来行かずに大人になった人も多いのではないかと思います。

けど、東京オリンピックによる訪日外国人の、東京以外の行き先候補にも

挙がるんではないでしょうか、佐渡

 

取材では行かず、夕飯で寄った「焼き鳥やじま」がとても良い雰囲気で、

たまたま居合わせた常連さんと一緒にはしごでスナックへ行きました。

次の日起きてすぐ「!? ハングオーバーかもしれん、、」と思ったがなんとか

1泊2日の佐渡取材は終了。

 

 

f:id:ikustat_akoatak:20180621231420j:plain

朝一番の新潟港からでる佐渡汽船のカーフェリー

 

f:id:ikustat_akoatak:20180621231451j:plain

 

f:id:ikustat_akoatak:20180621231510j:plain

世界で初めて金銀の浮遊選鉱法を実用化した「北沢浮遊選鉱場」跡。

コンクリートむき出しで蔦が絡まる様子から、まるで「天空の城ラピュタ」のようだという声もあるそうです。

街の中にあり、他の建物とは規模が違うスケール感に「すげえ、、」しか言葉が出ませんでした。

 

 

f:id:ikustat_akoatak:20180621231537j:plain

こちらは、天下の絶景と称されるノルウェーのハルゲンダル峡湾の景勝に勝るとも劣らない海岸美として「尖閣湾」と命名された地。

“『君の名は』ロケ地”という張り紙があり「まじ?」と思ったけど、

昭和28年に公開された映画のほうでした。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

先日、東京のルミネで佐渡イベントを行っていたそうで、そこで配られた

新潟のご当地アイドルnegiccoのカレーフリーク・meguさんが載っている冊子を見て、

実際に東京から佐渡へ訪れた方がいたと、取材先の方が言っておられました。

 

おそるべしルミネイベント効果、おそるべしmeguさん効果

佐渡、とても穏やかで素敵な島ですよ!

 

 

 

※『さどぼん』は新潟県内の書店、コンビニ、ほか、群馬県&長野県の一部書店で買えます。きっと、オンライン書店fuijsanでも買えると思います!

 

 

わたしノート

5月23日に誕生日を迎え、25歳になった。

四半世紀を生きたということになる。

 

半年ほど前、スピリチュアルの話に明るい友人にオススメされて、

VOGUEの「しいたけ占い」をちょこちょこ気にするようになった。

そこから、占いというものを頭の片隅で気にするように。

 

その友人から誕生日プレゼントで「わたしノート」というものをいただいた。

未来の事柄を、現在形で書く日記のようなものだが、

これを日課として書いている友人によると、

記入した未来のことがどんどん現実化していく、とのこと。

友人には申し訳ないが、まだノートを開くどころか、プレゼントのラッピングすら解いていない。しかし、ノートに何かを書き込むのが非常に楽しみでドキドキしている。

だし、その友人の話から、「結局は心の持ちよう」なのだなあと考えさせられた。

 

書くことで意識を向け、頭のなかで意識していたことが行動に及び、記入した未来のことが現実のものになるんだろうなあ。

 

ひとまず、

・今、わたしノートを開いて、未来のことを書き込んでいる

 

と、この記事に記入しておこう。。