空中ブランコを体験してきました

現在新潟市内で開催中のポップサーカス

 

公演後に、空中ブランコを体験してきました。

 

tjniigata.jp

 

高さ約12メートルの高さからスウィングするのですが、

高さはそんなに感じず。

しかし、こんなにも振り子の勢いが強いものかと。。。

スピード感、手に掛かる力、半端ないって。

 

f:id:ikustat_akoatak:20180802211954j:plain

 

手前のボーダーが私。

髪型のキャラクター感的に、サーカス団に溶け込めるかも。

サーカス団員はエンターテイナー家系が多くを占めるそうですが、

この空中ブランコプレイヤーの経歴はその転身っぷりが興味深い。

 

アメリカの刑務所の看守やプロスノーボーダー、柔道の師範代からの転身など

「その道で生きていけたはずでは」という経歴を捨ててこの道へ。

 

きっかけは単純。

空中ブランコが楽しかったから」とのこと。

確かに楽しかった。

感想を求められたにもかかわらず、言葉では表せない興奮状態、そう、“ゾーン”に入っていたために「飛び跳ねて楽しさを表現する」というアンサーをしたほど。

 

超人的なエンタテインメントであるサーカス、

一見の価値あり、いや、リピートも不思議ではない魅力たっぷりです。

 

 

 

 

体験が月曜で、体験終了後すぐに襲われた筋肉痛が引く気配は今のところ一切感じない。